ドア破り対策

あなたの自宅の玄関のドアは枠との間に隙間ができていませんか?
古くて防犯性について考慮されていないドアはドア枠との間に隙間ができていることがあります。開きすぎていてどうも気になるという人もいるかもしれませんね。

このような隙間が開いているとバールや大きめのマイナスドライバーを使ってこじ開けてしまうことが可能になります。このようなこじ開けをドア錠破りと業界では呼んでいます。

隙間があいているとカンヌキが丸見えです。カンヌキを隠すためにガードプレートと呼ばれる金物を取り付けします。このプレートで保護されていればドア錠破りは防ぐことができます。
また、隙間をスペーサーを差し込んで調整するのもいいでしょう。

最近の防犯性に考慮されたドアやシリンダーなら丈夫なので破壊にもある程度耐えられます。
ハイセキュリティシリンダーへの交換はまず第一優先として、そこからプラスαでの防犯対策をしたいと考えているのであればドアプレートの取り付けも検討してみてください。その他、防犯サムターンへの交換やワンドアツーロックなども有効な方法です。

ドアに穴を開けられないのでワンドアツーロックにできない、賃貸物件なので鍵が交換できないなど、住んでいる場所によって様々な事情があると思います。出来る範囲で防犯対策を考えてみてください。

 

おすすめの鍵屋さん

 東京都各地の鍵トラブルに対応する鍵屋