忍び込み

侵入窃盗の手口に「忍び込み」というものがあります業界人は「居抜き」ということもあります。
忍び込みというのは夜間住人が寝静まっているのを見計らって泥棒が侵入してくることをいいます。
夜間にかぎらず、昼間昼寝をしている時だったり、夕飯の時間帯に家族が一部屋に集中している時を狙うこともあります。

つまり、侵入するのは家族が不在だろうと在宅だろうとされる可能性があるということです。
人がいるときに忍び込まれたら鉢合わせて居直り強盗になる可能性もあります。

このような忍び込みの侵入経路として多いのが浴室や洗面室、トイレの窓などが多いようです。面格子をしている窓でもそれを外されて入ってこられてしまいます。

人が家にいるときには玄関は鍵をかけています。しかし、窓は換気のために開けている可能性が高いです。そこを狙って忍び込んでくるのでしょう。

これらを防ぐためにはガラス窓は人がいる時でも必ず施錠することです。換気を済ませたら忘れずすぐに鍵をかけておきましょう。
また、庭先などに足場になるようなものを置きっぱなしにしないことです。
それから面格子は取り外しができない、強度のあるものに交換しましょう。
特に注意したい窓はガラスを防犯ガラスに交換したり、クレセント錠だけではなく補助錠をつけるなど対策をしておきましょう。

Comments are closed.