2階から侵入

泥棒は一階から侵入してくるものだと思い込んでいませんか?
2階以上なら泥棒がこないと油断してしまう人は多いです。2階の窓は外出時にも施錠を確認していなかったり、二階のトイレの窓を開けっ放しにしてしまっているご家庭もあるかもしれません。

しかし、2階からの侵入は決して少なくはありません。
しかも、視界がはっきりしている白昼堂々に反抗がおkなわれます。

2階へは雨樋や隣の家のひさしを足場にして登ってくることが可能です。
また、塀や植木などを登ったり、庭にはしごなどの足場になるものが出しっぱなしになっていたら2階にだれでも簡単に上がることができます。

また、ベランダ周りの環境が死角になっていたら周囲の目を気にすることなくガラスを破られてしまいます。きちんと鍵をかけていたとしても侵入されることになってしまいます。

ですから、ベランダに布団を干している時は要注意です。家にいる時ならまだしも、ちょっとでも外出するときには必ず布団を部屋に取り込んでから外にでるようにして下さい。

ちょっとの外出なら鍵をかけなくても大丈夫なんていう考え方は現代の日本社会では通用しないものです。

侵入対策として、2階に通じる雨樋には有刺鉄線をまきつけるなどするといいでしょう。

Comments are closed.